【今日のおすすめ漫画】悪女

ほたるのソロ曲とストーリーコミュで幸せに包まれております。

 

あれは良かった。

 

智絵里の成長も感じられるしとにかくいいコミュで、白菊ほたるについて知らない私のような未熟な人間もなんとなく彼女の雰囲気はつかめました。今年の総選挙は彼女が智絵里の強力なライバルになるでしょう!楽しみです。

 

素晴らしいコミュに聞き惚れるようなソロ曲と、贅沢に堪能したのでここで一つ。私も何かおすすめのものを紹介してみようかと思います。

 

ちなみに今回みたいにおすすめの漫画とかを紹介する記事はちょくちょく書いていこうかと。なにせ人生分おすすめしたいものが蓄積しているので、当分ネタには困らんわけです。ぜひ楽しみにしていてください。

 

さて、今日おすすめするのは漫画。少女漫画ですね。

 

悪女

悪女(わる)1巻【電子書籍】[ 深見じゅん ]

価格:454円
(2019/2/9 21:14時点)
感想(5件)

 

タイトルに結構インパクトがあるので、スパイとか後妻業みたいな悪い女性の物語っぽいですが、全然違います。

 

この漫画はずばり王道サクセスストーリー!

タイトルからは想像もつかない内容です。

 

さらに、主人公の名前にも驚きます。

 

田中麻理鈴(たなかまりりん)

 

親が「マリリン・モンローが好きだから」という理由で、まさに今で言うキラキラネームをつけられたわけです。この漫画が描かれたのが1988年あたりなので、時代を先取りしている深見じゅん先生・・・

 

そんな斬新な漫画「悪女」について簡単に紹介していきましょう。

 

 

あらすじ

大手の商社「近江物産」に三流大学からコネ入社した田中まりりんは、あわただしく会社ロビーに入ってくる社員の波にのまれコンパクトを落としてしまいます。それを拾ってくれた運命の人にまりりんは一目惚れ。顔も名前も確認できないまま去っていった男性を好きになってしまいます。

さあ困ったまりりん。底辺の座敷牢で仕事をする彼女は、どうやって大きな会社の中から運命の人を見つけるのか!

 

その方法はなんと、まりりんが「出世」することだった・・・

 

まりりんの魅力

まりりんは皆さんが想像する悪女と程遠いんです。悪女といえば峰不二子みたいな、いろんな人を自身の美貌なんかで惑わせて利用するようなイメージだと思うんですが。まりりんはまるで違う。なんなら悪女とは正反対・真逆の存在なのです。そしてそれこそが、まりりんまりりんとしてこの漫画の主人公である理由、魅力なのです。

どんな人にも素で接する

明るく物怖じしない性格のまりりんは、上司だろうと先輩だろうと年上だろうと関係ないのです。敬語を使わないとか礼儀がなってないとかではなく、本当に物怖じしない。普通なら上司には絶対言えないようなことが平然と言える。それは良くも悪くも相手に印象を与えます。この性格はまりりんの最大の武器となっていくのですが、それは読んでからのお楽しみ・・・

可愛い・美しいわけではない

悲しいかな、まりりんは作品中ではどちらかというとブスの方に入るらしいです。まあ表紙を見る限りでは特段褒められるような外見でないくらいだと思うのですが、厳しい人には結構言われてしまいます。あっけらかんなまりりんはそこまで気にしないんですけど。

宴会芸が得意

これまた斬新な特徴だと思いません?よりによってなぜ宴会芸なのか。しかしこの宴会芸も、まりりんの武器の一つなのです。

 

ストーリー展開のうまさ

この漫画の面白いところはなんといっても

 

まりりんがはちゃめちゃに動き回るところ

 

座敷牢という名の商社の掃溜め。そこから運命の人を探すと決めたまりりんの行動力はすごい。さらに謎の女性との出会いがまりりんの人生を大きく変化させます。

ただ好きな人を探すのに人生をかけたまりりん

しかし商社は広かった。

 

まさに迷宮。

 

気分は勇者。Lv1の駆け出し勇者まりりんは、部署を変え上司を変え、利用し利用され、仲間を増やし敵を増やし、広く険しいダンジョンを斬新な切り口や思いもよらない展開で攻略していく。その様はまさにRPG。見ていて爽快です。

 

もうお気づきだと思いますが、この漫画。

 

少女漫画ではありますが、二人の恋模様はほぼ0

なにしろ顔も名前も全然つかめない。

 

でもまりりんは恋をしている。この一切進展がない恋は果たして実るのか。

 

そもそも運命の人とはもう一度会えるのか・・・

 

出世に必要なこととは

「女性は会社に入ればお茶くみくらいしか仕事がない」

男は仕事。女は家事。まだそんな認識が当然だった時代。女性の出世など夢のまた夢。そんな中、まりりんは上司を敵に回しながらもすこしずつ出世していきます。

どうして三流大学からコネ入社にもかかわらず、まりりんは出世していくのか。

 

会社とは、仕事とは、出世とは・・・

 

サラリーマンもOLも商社というダンジョンで戦う戦士。

働くことの意味。出世に必要なこと。様々な知識と経験を積んで強くなっていく。

 

現代、働くということが多様化しても通じることがある。

読むとそれが少しわかるかもしれません。

 

終わりに

こんな感じです。とっちらかった紹介で大変申し訳ない。

とりあえず面白いから一度見てほしいです。

一応最後にこの漫画をおすすめするとしたらこんな人に・・・

 

  • 主人公の成長が見たい!
  • さっぱりした明るい物語がいい!
  • 出世に必要なことが少しでも知りたい!
  • 見たことのない新しい漫画を見てみたい!

 

恋愛もないわけじゃないですけどね。あっまいカスタードかハチミツみたいな、いちゃいちゃの恋愛が見たいならどうかなとは思いますが、万人受けする作品なので楽しめる人の方が多いと思います。

悪女(わる)1巻【電子書籍】[ 深見じゅん ]

価格:454円
(2019/2/9 21:14時点)
感想(5件)

 

ほんとにおもしろいから!